名刺についての記事です

名刺とは、その本人の所属先や電話番号・住所などの個人情報を記載してあるカードのことをさします。

主に初対面の人に対して、自己紹介を目的として用いられています。


最近の名刺には、パソコンの普及によりメールアドレスやホームページのURLまたはフェイスブックなどのアカウントなどが記載されていることも多いです。名刺は主に名刺入れに入れられて持ち運ばれるため、手のひらサイズの小型タイプが殆どです。
名刺の氏名の横には、顔写真やイラストなどが添えられている場合があり、その名刺の持ち主の印象を彩る役割も果たしています。


日本のみならず、韓国や中国などを含むアジア圏でも名刺の文化が普及しており、とりわけ儒教文化が浸透している韓国では年齢の上下を非常に重要視しているため、重宝されています。
日本においての名刺交換のタイミングは、ミーティングや商談などを始める前に行われるのに対し、ヨーロッパなどではミーティン後の別れ際に簡単に行われることが多いです。
これは日本の場合、相手がどのような地位・肩書きを保持しているどのような人間なのかを事前に把握しておくことで、後の会談をスムーズに行うことを目指しています。一方、ヨーロッパなどにおいては、まず第一にミーティングなどを行い、その全てが終わってから相手の仔細な情報を手にするという、合理的な方法といえます。

名刺入れは、皮や鉄・ステンレスなどで作られており、ビジネスマンには必須の商品です。

その中身を保護するために蓋がついているものが殆どです。

また、その使用法は人によって様々であり、交換用と保存用の二種類を保持している人も多くみられます。

最近では、ICチップなどが埋め込まれているものもあり、その役割に幅をもたせています。

相手から受け取ったものは、そのままケースに保管するだけでなく、データ化してパソコンに保存し、受け取ったものはシュレッダーなどで処分するといった方法もとられています。

http://okwave.jp/qa/q2969438.html
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1111369156
http://jp.reuters.com/article/idJP00093500_20151218_04120151218

探偵の料金関する情報選びで困った時に見てほしいサイトです。

工事看板を調べるなら最新情報が集まるこちらのサイトがオススメです。

ISMSの取得について紹介しています。

営業の研修に関する有益な情報をご紹介いたします。

フランチャイズ経営の情報をお知らせいたします。